与那国島の生物文化データベース

Biocultural Database for Yonaguni Isl. 

與那國島的生物文化數據庫

minchibu1340.png
Araibana0000.png
Tatiusai0000_edited.jpg

与那国島に1954年に生まれたN子さんが、島のお年寄りから託された島の言葉と伝承の数々を4000の言葉とたくさんの絵で記録しました。自然への感謝と祈りに埋めつくされた日々の中から、忘れてはならない未来への遺産もみつかるはずです。

Ms. N, born in1954 in the Yonaguni Island, was entrusted by the Island elders to record the language and the customs of the Island.  She used the form of 4000 words and 300 drawings to record them. From these valuable recorded materials, which reflect the islander’s constant gratitude and invocation to Nature, one finds the treasurable heritage of the island which should be maintained for years to come.

1954年生於與那國島的N.女士, 受該島長老們信託,將該島的語言及傳承記録成4000語句和300畵片。這些資料反映島民對自然的感恩與祈願,從此我們不難覓見不可遺失,永續不斷的與那國島遺產。

Chima1812.png
Kandimunu2325b.png
Durun0028.png
dunan1
dunan1

press to zoom
dunan文字入れ
dunan文字入れ

press to zoom
dinan5
dinan5

press to zoom
dunan1
dunan1

press to zoom
1/6
地図resized.png
 
an'gaitidan_nkai%E8%83%8C%E6%99%AF%E7%94

検索方法 / How to Search / 檢索方法

このデータベースは、スプレッドシートのようにクラウド上で検索できるAirtableを使用しています。データベースの項目は、導入、生活語彙、祈りと歌です。

This database uses Airtable that can be searched like an excel file, having independent sheets for introduction, vocabulary, and prayer and songs.

 

該數據庫使用的Airtable可以如同excel文件搜索。具有介紹,詞彙,祈禱和歌曲的個別表格。

背景5.JPG

About Us

生物文化多様性研究所/Institute for Biocultural Diversity 

 このデータベースの作成にたずさわった安渓遊地(あんけい・ゆうじ)と安渓貴子は、1974年から八重山の地域研究を始めました。1990年にN子さんと出会い、30年間にわたってたくさんの資料をおあずかりしたことから、2020年度の科学研究費補助金・成果公開(データベース)の支援を得て、一般公開することになったものです。

 同様のプロジェクトとして、西表島の生物文化と地名データベースコンゴ民主共和国・ソンゴーラ人の文化遺産データベースがあります。

 

   ANKEI Yuji and Takako began studying human-nature relationship in Yaeyama, southernmost islands of the Ryukyus from 1974. During the study, we met Ms. N. in Yonaguni, and started to collaborate with her  for three decades. In 2020, we received a Grant from Kakenhi of JSPS-MEXT (学振・文科省), Japan, which aided us to compile the data as a multimedia cloud database. In the past, we also compiled similar database on Bioculture and Toponymies of Iriomote Island, and on Cultural Heritage of the Songola people in D. R. Congo.

 

 1974年,安溪遊地和安溪貴子開始在琉球八重山研究人與自然的關係。其中我們在與那國島遇見了N.女士,並開始與她合作已有三十年。日本學術振興會和文部科學省的科研費授予的2020財年的資助下,我們設法將這資料編為多媒體雲數據庫。  我們還編輯了有關西表島的生物文化和地名以及剛果民主共和國的Songola人文化遺產的類似數據庫

チェジュ.JPG
 
 
背景3.JPG

お問合せ / Contact / 聯繫信息

生物文化多様性研究所

© 2021 Institute for Biocultural Diversity  Created with Wix.com

Granted by Kakenhi No. 20HP8006 JSPS-MEXT, Japan.

 

データベース本体 Main database @airtable

https://airtable.com/shrmT5axgMO1GOm9W

 

生物文化多様性研究所 ANKEI Yuji+Takako

​ウェブデザイン Office Kamote Tops